小動物用ヒーティングパッド・システム FHC-HPS

Heating Pad System for Rodents FHC-HPS

本装置は小動物の直腸温をモニタし、温度コントローラにフィードバックを行い、ヒーティングパッドにより動物の体温を予め設定した温度に保持できるように設計されています。

麻酔下における小動物の体温低下を防ぎ、適切な体温で長時間の実験を行うことができます。

特徴

  • D.C.電源による比例制御を行っていますので電気生理実験においてもノイズが発生しません。
  • 温度は0.1℃単位で設定できます。
  • 温度表示・設定はデジタルのため見やすくなっています。
  • 動物の大きさに応じてヒーティングパッドのサイズを換えられます。

標準構成

  • 温度コントローラ – 1
  • 直腸温度プローブ – 1
  • 接続ケーブル – 1
  • ヒーティングパッド(サイズ表内の任意1ヶ) – 1

仕様

温度コントローラ

表示LED表示 3桁(0.1℃単位)
温度範囲 25-45℃
温度精度 0.2℃
外形寸法 W100 × D250 × H130mm
消費電力 約100W
重量1.5kg

直腸温度プローブ

先端径φ1.6mm
ケーブル長 250cm

ヒーティングパッドサイズ

マウス用HPS-MO - 65 × 95mm
ラット用SHPS-S - 50 × 125mm
ラット用MHPS-M - 100 × 125mm
ラット用LHPS-L - 250 × 250mm

 

外観及び仕様は改良のため予告なしに変更する場合がありますのでご了承願います。