TMW-4012C マイクロウェーブアプリケータ

TMW-4012C (10kW) 実験動物脳内酵素瞬時不活性化装置

  • アセチルコリン
  • サイクリックAMP
  • サイクリックGMP
  • GABA
  • DOPA
  • 5-HTP
  • セロトニン
  • エンドルフィン
  • カテコールアミンとその代謝産物
  • プロスタグランディン
  • Phosphorylated Proteins
  • グリコーゲン

などの測定の前処理に!

*本製品の使用は「高周波利用設備申請」が必要となります。

実験動物の脳内物質の測定に先立ち、測定物質に関連する諸酵素を不活性化する方法として凍結法があります。しかしながら凍結法では生体内酵素を不活性化させるまでにかなりの時間を必要とし、この間に測定物質が変化するおそれがあります。さらに脳の摘出や脳内の特定部位を分離する操作に困難が伴います。この解決方法としてマイクロウェーブの瞬時照射により諸酵素を不活性化する方法が用いられるようになりました。照射後は、凍結法で行われる低温処理の必要もなく室温にて処理ができ、安定した測定値が得られます。また脳の摘出や特定部位の分離も容易です。アセチルコリン、サイクリックAMP、サイクリックGMP、GABA、DOPA、5-HTP、セロトニン、カテコールアミンとその代謝産物、エンドルフィン、プロスタグランディン、Phosphorylated Proteins、グリコーゲンなどの正確な測定の前処理装置として薬理学、生化学、生理学、内科学など広い分野にご活用いただけます。

mwdata

特長

  1. 瞬時に脳内を酵素不活性化温度(75~90℃)まで昇温できます。(300gのラットで出力10kWの場合、約0.9秒)
  2. マイクロ波出力は3~10kWまで任意に設定できます。
  3. 照射時間は0.01~2.99秒まで、動物のサイズに応じて0.01秒単位設定できます。
  4. 独自の導波管構造(特許認可済)により効率よく(マイクロ波エネルギー吸収効率99.9%)しかも均一に照射することができます。
  5. 動物に加わるストレスが極力小さくなるように工夫されたアクリル製アニマルホルダーにより頭部を同一条件に固定することができます。
  6. アプリケータ部にはエネルギー漏れのない小孔が多数あり、動物の頭部の位置を肉眼で容易に確認することができます。(特許認可済)
  7. 電源部・アプリケータ部・出力部が1つにまとまっており、又すべての機能がフロントパネルに集まっているので操作が簡単です。
  8. (a)アプリケータ部のフタをロックしない限り作動しない安全構造になっています。
    (b)マイクロ波漏れに関しては、アプリケータのシールドを安全性を十分考慮して設計してあります。

mwgraph1 mwgraph2 mwdrwing

仕様

供試動物ラット、マウス
マイクロ波出力3~10kW 連続可変
発振周波数2.450±30MHz
発 振 管東芝マグネトロン 2M68(A)
冷却方法水冷方式(水量3㍑/min)
照射時間設定範囲0.01~2.99秒(0.01秒単位)
消費電力、力率19kVA 0.98
電  源3相200V/220VAC 60A 50/60Hz(指定)
使用環境温度5~40℃ 湿度 最大90%
外形寸法935W × 640D × 1,310H (㎜)
重量約 240㎏

アニマルホルダ

wjholder

アプリケータヘッド 適合アニマルホルダ
TAW-174A WJM-24 for Mouse 15-20g
WJM-28 for Mouse 20-40g
WJM-30 for Mouse 40-50g
TAW-424SA WJR-S for Rat 150-250g
TAW-424M WJR-M for Rat 250-400g
WJR-L for Rat 400-500g

外観及び仕様は改良のため予告なしに変更する場合がありますのでご了承願います。