足容積測定装置 MK-101CMP(兼用型)・MK-101P(専用型)

MK-101CMP・MK-101P PLETHYSMOMETER

本装置はリウマチ関節炎や水腫の研究及び薬品の開発に不可欠なラットの下肢の腫脹容積の測定をより簡単に且つ正確に行うことを目的として設計されています。アルキメデスの原理を応用し、重量と比重から容積を算出しています。透明な計測槽に水を入れ、ラットの下肢を規定の位置まで挿入し、フットスイッチを踏めばその時の容積がデジタルで表示されます。プリンタ(オプション)を使用すればサンプル番号と容積を自動印字することが出来ます。アプリケーションに応じてサーマルプリンタとドットインパクトプリンタが用意されています。また、標準添付のWindows版データ受信ソフトを使用することにより、得られたデータをエクセル等の表計算ソフトで読み取り可能なファイルとして格納できます。

 

 

特長

  • 水だけで使用できます。
  • デジタル表示のため、読取誤差がありません。
  • 指つき板があるので安定した測定ができます。
  • 高分解能  ラット:0.01ml  マウス:0.001ml
  • 任意の時点でゼロリセットできます。
  • RS-232C出力とプリンタ出力の両方が備わっています。
  • Windows版データ受信ソフトが標準でついています。
  • オプションとしてサーマルプリンタ、ドットインパクトプリンタを用意しました。

仕様

機    種 MK-101CMP(兼用型) MK-101P(専用型)
測定範囲 ラット:0~7ml
マウス:0~0.5ml
ラット:0~7ml
マウス:0~0.5ml
表  示 ラット:0.01ml
マウス:0.001ml
ラット:0.01ml
マウス:0.001ml
電  源 100V 50/60Hz 100V 50/60Hz
消費電力 約 30W

約30W

本体外形寸法 200W x 200D x 140 mmH 200W x 275D x 145 mmH
センサ寸法・その他 170W x 170D x 190 mmH ラット又はマウスのいずれか選択
センサは本体と一体
データ出力 プリンタ及びRS-232C出力 プリンタ及びRS-232C出力
本体重量 約 3.2kg 約 3.2kg

 

外観及び仕様は改良のため予告なしに変更する場合がありますのでご了承願います。

標準構成

MK-101CMP標準構成(兼用型)

  • 本体 – 1
  • フットスイッチ – 1
  • ゼロスイッチ – 1
  • ラット用セル – 1
  • マウス用セル – 1
  • センサ – 1
  • 指つき板 – 1
  • データ受信ソフト(Windows版) – 1
  • 取扱説明書 – 1

MK-101P標準構成(専用型)

  • 本体 – 1
  • フットスイッチ – 1
  • ゼロスイッチ – 1
  • 指つき板 – 1
  • 計測セル(選択) – 1
  • データ受信ソフト(Windows版) – 1
  • 取扱説明書 – 1

オプション

  • ドットインパクトプリンタ
  • サーマルプリンタ

プリンタ及び受信ソフト

REFERENCES