人気商品CENTRIFAN PE(遠心濃縮器)

KD Scientific社製 コンパクトエバポレーター/コンセントレーター

CentrifanTM PEを使用することにより、合成、医薬品、薬剤やバイオテクノロジー分野の研究者は少量のエバポレーション作業を簡単に行えるようになります。独自の自己発生ブローダウン技術によって、バキューム遠心機やロータリーエバポレーター、窒素ブローダウン、凍結乾燥機等の一般的なエバポレーションシステムに起こり得る問題を取り除いています。

特徴

Easy : モニタリング不要で時間を自由に使えます

  • モニタリングは不要です。
  • 20mLシンチレーションやその他の一般的なバイアルで直接サンプルを乾燥させます。
  • バキュームポンプが必要なく、大量のブローダウンガスも必要ありません。
  • ポータブルユニットを実験現場に持ち運びできます。実験室のカート上でも動作します。
  • ローター内温度(常温~55℃)とオフタイマー(分~時間単位)を設定できます。

Efficient : 新しい技術で信頼できる結果が得られます

  • メンテナンスなしで、長期間使用できます。
  • 自己発生ブローダウン技術が、サンプルのロスを防ぎます。
  • 遠心力を利用して、シンチレーションバイアルの中で、直接サンプルを安全に乾燥させることができます。
  • 高い蒸気回収により、最終産物となる縮合物を集めることができます。

Effective : クロスコンタミネーションの心配がありません

  • バキュームポンプを使用しないので、溶媒の突沸によるクロスコンタミネーションがありません。
  • 放射性化合物も安全に乾燥できます。
  • サンプル中の残留溶媒含有量を不活性乾燥ガスにより削減できます。
  • コンパクトなユニットなので、放射性同位体を扱うホットセルにも設置できます。

Environmetal : 環境にも優しい省エネルギー設計です

  • 閉鎖系システムの中で毒性のある蒸気と物質を捕らえます。
  • 静かな動作が実験室内の騒音問題を減らします。
  • 低電力消費でエネルギー使用を抑えます。

CentrifanTM PEはDNA、RNA、タンパク質などを扱う研究所や医薬品、バイオテクノロジー分野のためのコンパクトで便利なエバポレーター/コンセントレーターです。本製品はロータリーエバポレーターで必要とされるモニタリングをせずにサンプルを乾燥させることができるので、合成化学者や医薬品研究者の時間を節約することができます。
このシステムは、高速液体クロマトグラフィーから集められたフラクションを処理することにも力を発揮します。
放射性化合物やその他の毒性の高い化合物を使用する研究者は、グリーンケミストリーに基づいたデザインの利点を高く評価することでしょう。

Rotors for CentrifanTM PE

rotor

CentrifanTM PEではニーズに沿ったローターを用意しています。以下の7種類の標準ローターから1種類を選ぶか、希望に応じてカスタマイズすることもできます。

scintillationvials_4x40
4x40mL
Scintillation Vials
scintillationvials6x30
6x30mL
Scintillation Vials
scintillationvials_6x20
6x20mL
Scintillation Vials
hplcvials_10x1-510×1.5mL
HPLC Vials
testtube_6x16x100
6x16mmx100mm
Test Tube
microcentrifugevials_8x1-6
8×1.6mL
Micro Centrifuge Vials
vials_8x4
8x4mL
Vials

新しい独自のエバポレーション技術

一般的なエバポレーションシステムで起こり得る問題とCentrifanTM PEの使用メリット

  • バキュームが引き起こす突沸によるサンプルのロス
     - バキュームが無いので突沸が起きません。
  • 液はねによるクロスコンタミネーション
     - 遠心力で液はねを防ぎます。
  • バイアルから乾燥サンプルが吹き飛ぶ:サンプルロスとコンタミネーション
     - 遠心力で物質を確実に保持します。
  • バキュームが遅く、サンプルが溶けたときの突沸によるロス
     - バキュームがないので突沸が起きません。
  • バイアルに入れる前にサンプルを凍結する必要がある
     - 予備凍結の必要がありません。
  • バキューム下のガラス製品に関する安全性の問題
     - バキューム不要のため、安全性の問題もなくなります。
  • 揮発性抽出物質が回収されない
     - すべての再循環蒸気を凝縮させます。
  • 溶媒蒸気がバキュームポンプや通気孔からもれる
     - 閉鎖グリーンシステムがすべての蒸気を凝縮します。
  • バキュームポンプの騒音が研究室の作業環境を悪化させる
     - 動作音が静かで、騒音が発生しません。
  • 複雑なシステムのためメンテナンスを常に意識しなけれはならない
     - 可動パーツは3年保証です。
  • バキュームポンプの修理によるエバポレーター停止
     - バキュームポンプがないのでメンテナンスも最小限です。
  • 大量の電力と乾燥ガスの消費
     - 省電力で不活性ガス使用量も最小限です。

仕様

設定温度範囲室温~55℃
使用室温範囲2~40℃
コールドフィンガー容量1L不凍液+ドライアイス数個分
電源115/230VAC 50-60Hz 200W
使用ヒューズ3A(115VAC/230VAC)s速断 5x20mm
寸法W305 x D203 x H457 mm
重量5.5kg

20mLバイアル内に入れた溶媒の乾燥速度*

*この蒸発率は冷却にエタノールとドライアイスを使用しています。

溶媒 ローター内温度(℃) 乾燥までにかかる時間
メタノール 6x10mL 40 60分
6x5mL 3時間
ヘキサン 6x10mL 15分
アセトン 35分
イソプロピルアルコール 70分
DMSO 6x1mL 12時間
メチレンクロライド 6x10mL 25分
AcN/H2O(70/30) 3時間

外観及び仕様は改良のため予告なしに変更する場合がありますのでご了承願います。