動物実験用レーザー血流計 FLO-C1 BV(接触型 高流速・高応答)

BLOOD FLOW METER FOR ANIMALS MODEL FLO-C1 BV

オメガフロー FLO-C1BVは血管にプローブをあてるだけで血管の血流を連続的に測定できる装置です。角度の依存性がなく操作が簡単です。
さらにレーザー出力が従来品(FLO-C1)よりハイパワーですので、ジョイントプローブ等の高出力を必要とする(ジョイント部の光の減退の為)プローブの使用に最適です。

信号帯域が従来品に比べて5倍ほど広く、高流速、高応答の測定に最適です。
レーザー出力をハイパワーにする事により、今まで不可能であったプローブのジョイントを可能にしました。プローブの先端部を取り替えるだけで多種の目的に利用できます。

動作原理:レーザー血流計FLOはレーザー光を組織に照射し、散乱された光の一部を受光部でとらえ演算処理します。組織 内に入射されたレーザー光は、散乱、反射を繰り返しながら広がって行きます。流れている血液に当った光は、その速度に応じて周波数変調を受け波長が変化し ます。また、流れている血液の量に応じて変調を受けた光の強さが変化します。波長の変化と光の強さから組織内の血流量を演算します。

特長

  • 高応答の測定が可能
    時定数が10msと従来より10倍短く、信号帯域が5倍ほど広い為、より速い応答の測定が可能になり、測定波形がより、クリアになりました。
  • 高流速の測定が可能
    信号帯域が従来品よりも5倍ほど広く血管の血流速度(相対値)測定も可能です。
  • ジョイントプローブが使用可能
    本体のレーザー出力が従来の物より高いのでジョイント式プローブを使用して光が減衰しても測定可能です。
  • 多くのパラメータの測定が可能
    FLOW, MASS, VELOCITYが出力可能です。これにより血液の循環動態を詳しく知ることができます。
  • スピーディーな演算処理
    半導体レーザーの安定発光システムによりレーザー光出力を制御しておりますので演算処理速度が一段と速くすることが可能になりました。

仕様

型式FLO-C1BV
測定用レーザー半導体レーザー
波長 780nm
約7mW
プローブ先端出力約3mW
測定パラメータ
1)組織血流量FLOW 0-100. 0
2)組織血液量MASS 0-2000
3)組織血液速度VELOCITY 0-10. 00
背面出力FLOW, MASS, VELOCITY, REFLEX
信号帯域AC100V 0.2A
外形寸法120Hz-120kHz
時定数 0.01, 0.1, 3secの3種類
電源 AC100V, 50/60Hz, 20VA

 
外観及び仕様は改良のため予告なしに変更する場合がありますのでご了承願います。

製造元:オメガウェーブ株式会社