人気商品ホット/コールドプレート式鎮痛効果測定装置

Ugo Basile社製 Hot / Cold Plate NG Cat. No.35150

ホット/コールドプレート NGは-5℃~65℃の幅広い温度設定が可能なため、ホットプレート、コールドプレートのどちらの用途でも使用できます。

  • ホットプレートとして使用
    N.B. Eddy and D.Leinbach.が考案したホットプレートテストに基づいて、迅速で正確な麻酔性鎮痛剤のスクリーニングに。
  • コールドプレートとして使用
    冷受容器や人の慢性痛としてよく見られる兆候の1つである冷感異痛の研究に。

蓋は低温時の結露を減少させます。

動作モードはCONSTANT(定温)と、RAMP(温度上昇・低下)の2種類があります。

別途オプション品として、補助プレート(ホット機能のみ)をメインユニットに接続することができ、こちらは順応期に役立ちます。

実験のセットアップ、データの管理に役立つ新しいユーザーフレンドリーなソフトウェアを使用しています。

主な特徴

設定温度:-5.0℃~65.0℃で0.1℃単位(誤差0.5℃)

検出方法:ペダルスイッチ

動作モード:CONSTANTモードとRAMPモードの2種類。

X-PADソフトウェア:標準品に含まれる、新しいユーザーフレンドリーなソフトウェア。実験のセットアップや、結果の管理が可能。

操作方法:4″3タッチスクリーンを使用して、実験のセットやモニターを行える。

データポータビリティ:付属のUSBメモリを使用。

装置

  • 加熱/冷却用のプレート(直径20cm)と4”3タッチスクリーンを搭載したキャビネット。
  • 便利なガラス製ケージ(高さ25cmでマウス、ラット両方で使用可)、防露蓋付き。

プレート温度は0.1℃単位(誤差0.5℃)で設定できます。(設定値:-5.0 ~ 65.0℃、室温18 ~ 24℃以内)

動作モードはCONSTANT(定温)モードと、開始と終了時の温度を設定するRAMP(温度上昇又は低下)モードがあります。

従来の装置と比べて、温度の変更がより迅速に行えるようになり、安定性、統一性も増しました。

新機能のX-PADソフトウェア(標準品に搭載)を使用することで、PC上で実験内容を簡単にまとめて、USBメモリを使用してホット/コールドプレートにアップロードできます。処置、手順、段階、実験動物や実験設定(温度、モード等)を素早く作成し、保存しておくことができます。

35150_3

データ収集及び管理

計測したデータの基本情報はタッチスクリーン上で確認できます。

35150_4

USBドライブを使用してPCにデータ転送すると、より詳細なデータを確認できます。

X-PADソフトウェアは、実験結果とオプション設定を結びつけてデータを自動で分類します。実験を行う前や、行った後に情報を追加することも可能です。データはツリー構造で表示され、ドラッグ&ドロップでレイアウトを変更できます。

35150_5

オプション設定やデータはText、Excel、PDF形式で出力することができ、DropBox、OneDrive、GoogleDriveを使用し、クラウドに保存することもできます。

製品情報

35150 HOT / COLD PLATE 標準パッケージ

  • 35150-001:本体(コントローラ、ディスプレイ、プレート)
  • 35100-286:ガラス製ケージ
  • 35150-320:ケージ用蓋
  • 35150-302:取扱説明書(USBメモリ内)
  • 35215-303:ペダルスイッチ
  • X-PAD:専用ソフトウェア(USBメモリ内)
  • 電源ケーブル

オプション

補助として従来のホットプレート 35150-002 を順応期に使用することで、メイン装置の使用回数を減らすことができます。

仕様

外形寸法25 x 37 x H47cm(ケージ含む)
重量8.0kg
電源85-264VAC 50-60Hz
梱包時外形寸法68 x 34 x 28cm
梱包時重量約12kg

外観及び仕様は改良のため予告なしに変更する場合がありますのでご了承願います。