ランダルセリット式鎮痛効果測定装置

Ugo Basile社製 Analgesy-Meter Cat.No.37215

本装置は、1965年のリリース以来多くの大学や研究機関で鎮痛剤の迅速で正確なスクリーニングに使われていた旧製品の” 7200 Paw Pressure test”の進化版になります。
先端の丸い円錐型のプッシャーと小さな台座の間に動物の足を設置し、設置した足に圧を加えます。
本装置は低電圧シンクロナスモーターを搭載し、CEマーキングに準拠しています。

使用方法は、実験者がペダルスイッチを押して加圧を開始します。ラットが痛みを感じてもがき始めたところで、ペダルから足を離します。動物が痛みを感じた圧力をスケールから読み取り、値を記録します。

標準品の37215はマウス用としても使用可能ですが、マウス専用モデルとして、のみ状のプッシャーが付属している、標準品より低加圧(標準品の50%)のAnalgesy-Meter 37216もあります。

Main Features

  • 1つの装置で3種類の加圧範囲。(0から250、500、750gまで)
  • シンプルで正確。キャリブレーション不要。
  • 1960年代からのクラシックな測定法。豊富な文献。

測定原理

台座から足に加わる圧力は、一定の速度で上昇するため、再現性のある測定が可能です。モーターはペダルを離すと瞬時に停止します。
測定の後には、スライドを持ち上げて左方向へ押し、スタート位置に戻す必要があります。
圧力表示は10g間隔の目盛が付いたスケール上に、ポインタで示されます。スケールは、標準品付属のディスクをスライドに1枚または2枚加えることで、2倍または3倍まで測定することができます。

データ収集

本装置は、別途オプションのプリンター2600と専用ケーブル2610-Dで接続しプリントが可能になる光学スイッチを搭載しています。
このプリンターはマイクロプロセッサ制御で、6チャンネルまでのデータ取得が可能です。(Analgesy-Meter1台で1チャンネル使用)
プリンターを接続している場合、計測したデータはプリンターのメモリに保存されます。ディスプレイに表示されているデータはリアルタイムでプリントすることができます。
また、プリンターに付属している52050 CUBソフトウェアを使用して、PCにデータを転送することもできます。

仕様

消費電力115 or 230VAC 50-60Hz 15Wmax.
実験の開始と停止ペダルスイッチ
加圧範囲37215:0~250、500、750g
37216:0~125、250、375g
外形寸法40 x 16 x 14cm
重量2.1kg
梱包時寸法55 x 45 x 36cm
梱包時重量約5kg

製品情報

37215 ANALGESY-METER 標準パッケージ

  • 37215-302:取扱説明書(USBメモリ内)
  • 37215-303:ペダルスイッチ
  • 37215-323:追加用ディスク
  • 37215-321:台座
  • 37215-322:スタンダードプッシャー*
  • E-WP008:電源ケーブル

* プッシャーは要望に合わせて特注で作成することもできます。

37216:ANALGESY-METER マウス用低圧モデル

外観及び仕様は改良のため予告なしに変更する場合がありますのでご了承願います。

REFERENCES

METHOD

  • Randall, L. O., & Selitto, J. J. (1957). A method for measurement of analgesic activity on inflamed tissue. Arch Int Pharmacodyn Ther, 111(4), 409-419.

RAT

  • Helyes, Z., Sándor, K., Borbély, E., Tékus, V., Pintér, E., Elekes, K., Tóth, D. M., Szolcsányi, J., & McDougall, J. J. (2010). Involvement of transient receptor potential vanilloid 1 receptors in protease-activated receptor-2-induced joint inflammation and nociception. Eur J Pain, 14(4), 351-358.
  • Király, K., Lambeir, A. M., Szalai, J., Szentirmay, A., Luyten, W., Barna, I., Puskár, Z., Kozsurek, M., & Rónai, A. Z. (2011). The dipeptidyl peptidase IV (CD26, EC 3.4.14.5) inhibitor vildagliptin is a potent antihyperalgesic in rats by promoting endomorphin-2 generation in the spinal cord. Eur J Pharmacol, 650(1), 195-199.

MOUSE

  • Hussey, M. J., Clarke, G. D., Ledent, C., Kitchen, I., & Hourani, S. M. (2012). Deletion of the adenosine A(2A) receptor in mice enhances spinal cord neurochemical responses to an inflammatory nociceptive stimulus. Neurosci Lett, 506(2), 198-202.