サウンドアテニュエイティング・チャンバ

SOUND ATTENUATING CHAMBER   MODEL MC-050 / MC-035

仕様

実験装置を外界の雑音等の影響から防ぎ、実験環境の条件を一定に保つために使用します。防音性能を高めるために硬質合板による二重構造になっております。標準装備として、換気ブロア、観察窓、室内灯及び接続ケーブルのコネクションパネル等が装備されています。

 

opssys

shutle00
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       オペラントチャンバ使用例                          シャトルボックス使用例

 

 

標準寸法ラ ッ ト用  外寸:W700 × D600 × H600mm
       内寸:W600 × D500 × H500mm
マウス用  外寸:W560 × D410 × H410mm
       内寸:W500 × D350 × H350mm
材質硬質ベニア合板二重構造
壁厚ラ ッ ト用 50mm
マウス用 30mm
室内換気ブロア 24V DC
室内灯LED照明 24V DC(蛍光灯 6W 相当)
観察窓ラ ッ ト用 二重ガラス(ハーフミラー) W150 × D100mm
マウス用 ドアスコープ
通線パネルケーブルエントリシステム採用
標準重量ラ ッ ト用 約25kg
マウス用 約12kg

※サイズ・仕様の変更や、筋電図・脳波の測定時に発生するノイズを除去をするシールドの装備などなど、ご要望に合わせた特注のチャンバもお見積もり致しますので、お気軽にご相談ください。

 

 

図1

図2

          マウス用標準チャンバ

      サイズ・仕様変更チャンバ

 

外観及び仕様は改良のため予告なしに変更する場合がありますのでご了承願います。